ハイブリッドアイシング

先のIIHF年次総会で、世界選手権とその予選に適応されることが正式に決定したハイブリッドアイシング。それは何ぞや?それによってホッケーはどう変わるのか?と、気になっている方も多いかと思います。

そもそもハイブリッドアイシングはタッチアイシングに代わり、昨年からNHLで導入されています。このタッチアイシングとは、IIHFでもその昔、私がホッケーを始めたころまで残っていたルールで、センターライン前から放り込まれてゴールラインを超えたパックでも、攻撃側のプレーヤーが先に触ればアイシングにならずプレー続行となるルールでした。ですから快速ウイングが居るチームは、アイシングを避けて攻撃続行が可能だったりしたのですが、当然守備側DFとボード際まで全力でパックを取り合うことになるので、激突事故による怪我が少なからず発生し、リスクを無くすため、現行のオートマチックアイシングが登場しました。その後アイシングをしたチームの交代が認められないようになり、防戦一方の展開で、とりあえずアイシングで難を脱する作戦が使えなくなりました。

NHLとその他いくつかの北米プロ、ジュニアリーグでは長らく(なんと1937年以来!)タッチアイシングが続いていましたが、やはりパックを争いボードに激突する事故が問題になりはじめました。しかし放り込まれたパックをめぐる攻防も北米プロホッケーの大きな魅力であったため捨てがたく、折衷案として採用されたのがハイブリッドアイシングでした。

ハイブリッドアイシングでは、ダンプインされたパックに、守備側が先に触れそうならアイシング、攻撃側が先に触れそうならプレー続行となります。判断の基準はエンドゾーンの二つのフェイスオフスポットを貫く仮想ラインをどちらのプレーヤーが先に超えそうか?で決まります。ちなみに「ほぼ同時」の場合はアイシングになります。さらに、強力に打ち込まれたパックがコーナーを回って逆サイドから出てきた場合は、「攻撃側か守備側のどちらが先に触れそうだったか?」という、これまた微妙な主観で判断されるそうです。こりゃ揉めそうですね(笑)

これは、脚が速いFWなら放り込まれたパックの争いに勝てて有利、、、かもしれませんが、、、背後からDFが迫ってるので要注意です。DFはFWにわざと先に行かせて、パックを取った瞬間にチェックすることも出来るわけですから、、、具体例はこちらのビデオで解説されていますので参考にしてください。またこのビデオも英語ですが非常に分かりやすいです。

というわけで、ルール改正に伴って、特に仕事が増える世界中のラインズマンは大変になりますし、プレーヤー、コーチも適応が求められます。なにせ仮想ラインでアイシングの判断が求められるんですから、しばらく判定で混乱もあるでしょう。

が、、、

実は新ルールよりも大事なのは、レベルに応じて新ルールを導入するかどうかという判断です。さし当たり、新ルールが導入されるのはIIHF大会に限られるわけですから、各世代の代表に直接関係するレベルの大会以外では、一年間様子を見てから導入を決めても良いのです。

例えば私が教えていたアメリカのユースホッケーでは、多くの大会で「アイシングしたチームは交代できない」というルールが適用されていませんでした。なぜなら、アイシングで逃げることを禁止することにより、点を取られるまでシフトが終わらないケースが多くなり、結果として、弱いラインを使えなくなり、最終的には子供のアイスタイムに影響するからです。

チェッキングはバンタム(13-14歳)になるまでは認められていませんし、オフサイドも、タグアップありの大会と無しの大会がありました。オーバータイムのルールもまちまち、試合時間もピリオドが20分正味になるのは基本的にジュニア(16-21歳)リーグであり、18AAAの全国大会ですら17分で行なっていました。

なぜ同じホッケーで、様々なルールが存在するのか?それは年齢やレベルに合わせてルールを導入、適用することにより、「ゲームの質」を保つため、に他なりません。「ゲームの質」とは何かと言うと、例えば、IIHFでは「6点差以上がついた試合」を「ロークオリティゲーム」と定めています。6点差以上がつく試合が頻発するようでは質の低い大会とみなされますので、日本のインカレやインターハイはロークオリティの全国大会を何十年も続けていることになります。こうしてロークオリティの大会を続けて競技力を上げることは非常に難しいでしょう。

他に「ゲームの質」を決める要素は、ペナルティの数、怪我の発生件数、チーム内でのアイスタイム格差、などが考えられます。新ルールを導入するときは、それが本当にそのレベルでゲームの質を高めるために役立つのか?を慎重に検討する必要があります。ハイブリッドアイシングの導入でオフィシャルが混乱しまくったり、パックの競り合いで怪我が増えるようであれば、それはゲームの質を高めることになっていないので、導入を遅らせて、プロや高いレベルでのハイブリッドアイシングをじゅうぶんに研究してから順次導入する、もしくは見送っても良いのです。

こうしてルール、対戦方式を変えるだけで、それぞれのレベルでホッケーの質は相当上がります。例えば同じ学生だから、社会人だから、という理由で、学生からはじめたばかりのプレーヤーがほとんどのディヴィジョンをフルチェッキングルールで行なうのは明らかに危険です。日本のホッケーでフルチェッキングを導入すべきレベルは、ごく限られていると思います。試合の質の中でも、怪我のリスクを減らすことは最重要課題の一つですから、ここは妥協すべきではありません。逆にヘルメット等の色の統一とか、その他、細かい防具の規制は、そりゃできれば良いでしょうが、現実的に試合の質への影響は少ないので、高いレベルに適用するだけでじゅうぶんです。

ちなみに香港アカデミーの運営するリーグのオフィシャル責任者に、ハイブリッドアイシングの導入について訊いてみたところ、「代表選手が所属するような、ある程度レベルが高いリーグ以外で今期から導入することはないだろう。女子リーグのレベルは高くないが、代表の多くがプレーしているので、世界選手権の準備として導入することになる」とのことでした。みなさんのプレーする大会では、どうなるでしょう?

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です