ハイブリッドアイシング

先のIIHF年次総会で、世界選手権とその予選に適応されることが正式に決定したハイブリッドアイシング。それは何ぞや?それによってホッケーはどう変わるのか?と、気になっている方も多いかと思います。

そもそもハイブリッドアイシングはタッチアイシングに代わり、昨年からNHLで導入されています。このタッチアイシングとは、IIHFでもその昔、私がホッケーを始めたころまで残っていたルールで、センターライン前から放り込まれてゴールラインを超えたパックでも、攻撃側のプレーヤーが先に触ればアイシングにならずプレー続行となるルールでした。ですから快速ウイングが居るチームは、アイシングを避けて攻撃続行が可能だったりしたのですが、当然守備側DFとボード際まで全力でパックを取り合うことになるので、激突事故による怪我が少なからず発生し、リスクを無くすため、現行のオートマチックアイシングが登場しました。その後アイシングをしたチームの交代が認められないようになり、防戦一方の展開で、とりあえずアイシングで難を脱する作戦が使えなくなりました。

NHLとその他いくつかの北米プロ、ジュニアリーグでは長らく(なんと1937年以来!)タッチアイシングが続いていましたが、やはりパックを争いボードに激突する事故が問題になりはじめました。しかし放り込まれたパックをめぐる攻防も北米プロホッケーの大きな魅力であったため捨てがたく、折衷案として採用されたのがハイブリッドアイシングでした。

ハイブリッドアイシングでは、ダンプインされたパックに、守備側が先に触れそうならアイシング、攻撃側が先に触れそうならプレー続行となります。判断の基準はエンドゾーンの二つのフェイスオフスポットを貫く仮想ラインをどちらのプレーヤーが先に超えそうか?で決まります。ちなみに「ほぼ同時」の場合はアイシングになります。さらに、強力に打ち込まれたパックがコーナーを回って逆サイドから出てきた場合は、「攻撃側か守備側のどちらが先に触れそうだったか?」という、これまた微妙な主観で判断されるそうです。こりゃ揉めそうですね(笑)

これは、脚が速いFWなら放り込まれたパックの争いに勝てて有利、、、かもしれませんが、、、背後からDFが迫ってるので要注意です。DFはFWにわざと先に行かせて、パックを取った瞬間にチェックすることも出来るわけですから、、、具体例はこちらのビデオで解説されていますので参考にしてください。またこのビデオも英語ですが非常に分かりやすいです。

というわけで、ルール改正に伴って、特に仕事が増える世界中のラインズマンは大変になりますし、プレーヤー、コーチも適応が求められます。なにせ仮想ラインでアイシングの判断が求められるんですから、しばらく判定で混乱もあるでしょう。

が、、、

実は新ルールよりも大事なのは、レベルに応じて新ルールを導入するかどうかという判断です。さし当たり、新ルールが導入されるのはIIHF大会に限られるわけですから、各世代の代表に直接関係するレベルの大会以外では、一年間様子を見てから導入を決めても良いのです。

例えば私が教えていたアメリカのユースホッケーでは、多くの大会で「アイシングしたチームは交代できない」というルールが適用されていませんでした。なぜなら、アイシングで逃げることを禁止することにより、点を取られるまでシフトが終わらないケースが多くなり、結果として、弱いラインを使えなくなり、最終的には子供のアイスタイムに影響するからです。

チェッキングはバンタム(13-14歳)になるまでは認められていませんし、オフサイドも、タグアップありの大会と無しの大会がありました。オーバータイムのルールもまちまち、試合時間もピリオドが20分正味になるのは基本的にジュニア(16-21歳)リーグであり、18AAAの全国大会ですら17分で行なっていました。

なぜ同じホッケーで、様々なルールが存在するのか?それは年齢やレベルに合わせてルールを導入、適用することにより、「ゲームの質」を保つため、に他なりません。「ゲームの質」とは何かと言うと、例えば、IIHFでは「6点差以上がついた試合」を「ロークオリティゲーム」と定めています。6点差以上がつく試合が頻発するようでは質の低い大会とみなされますので、日本のインカレやインターハイはロークオリティの全国大会を何十年も続けていることになります。こうしてロークオリティの大会を続けて競技力を上げることは非常に難しいでしょう。

他に「ゲームの質」を決める要素は、ペナルティの数、怪我の発生件数、チーム内でのアイスタイム格差、などが考えられます。新ルールを導入するときは、それが本当にそのレベルでゲームの質を高めるために役立つのか?を慎重に検討する必要があります。ハイブリッドアイシングの導入でオフィシャルが混乱しまくったり、パックの競り合いで怪我が増えるようであれば、それはゲームの質を高めることになっていないので、導入を遅らせて、プロや高いレベルでのハイブリッドアイシングをじゅうぶんに研究してから順次導入する、もしくは見送っても良いのです。

こうしてルール、対戦方式を変えるだけで、それぞれのレベルでホッケーの質は相当上がります。例えば同じ学生だから、社会人だから、という理由で、学生からはじめたばかりのプレーヤーがほとんどのディヴィジョンをフルチェッキングルールで行なうのは明らかに危険です。日本のホッケーでフルチェッキングを導入すべきレベルは、ごく限られていると思います。試合の質の中でも、怪我のリスクを減らすことは最重要課題の一つですから、ここは妥協すべきではありません。逆にヘルメット等の色の統一とか、その他、細かい防具の規制は、そりゃできれば良いでしょうが、現実的に試合の質への影響は少ないので、高いレベルに適用するだけでじゅうぶんです。

ちなみに香港アカデミーの運営するリーグのオフィシャル責任者に、ハイブリッドアイシングの導入について訊いてみたところ、「代表選手が所属するような、ある程度レベルが高いリーグ以外で今期から導入することはないだろう。女子リーグのレベルは高くないが、代表の多くがプレーしているので、世界選手権の準備として導入することになる」とのことでした。みなさんのプレーする大会では、どうなるでしょう?

それでは。

AD

「旧態依然」という四字熟語一言で済んでしまいそうなこの記事、、、

泥沼!法大野球部で内紛

要するにOB会が「俺の聞いてないところでチーム人事が行われた!」と言ってゴネているだけのように見えます。いや本当はもっと根深い人間関係、はたまた利権問題があったのかも知れませんが、それこそどうでも良い次元の話でしょう。だいたい「筋が通らない」と言って騒いでいる人がいる場合、「筋=その人(達)の都合/面子」以上に重要ではないことがほとんどです。

私が興味を持ったのは「東京六大学ではOB会が監督人事などを大学に推薦し、決定するのが慣例となっている。ただし、最終的な人事権は大学側にある。」という件です。日本の国民的大メジャースポーツである野球の大学最高峰リーグ、東京六大学の実質的な監督人事権がOB会にあったという、、、きっと柔道とかラグビーとかその他のスポーツでも似たような状況なんだろうなと想像できます。

日本のスポーツ発展を大きく阻害している要素として、アメリカで言うNCAAのように全国の大学スポーツを統轄する組織がないことは、スポーツ社会学やマネージメントの専門家から長年指摘されている問題です。例えば、日本の大学アイスホッケーの頂点を決める大会はいわゆるインカレ、「日本学生氷上競技選手権大会」であり、日本学生氷上競技連盟の主催大会です。しかし関東大学アイスホッケーリーグは東京都アイスホッケー連盟の主催で、関西アイスホッケーリーグは関西学生氷上競技連盟主催のようです。そしていわゆる学連とそれぞれの学生リーグは登録上別ですので(例えば医学歯学系の大学は学連とは無縁でもリーグ戦に参戦できます)、インカレの予選も各地の学生リーグとは無関係。例えば関東、関西、北海道、東北、中四国九州リーグの上位校同士が頂点を決する!わけでもないのです。そして、各種の全日本学生選手権大会を開催する団体を統轄する日本大学体育連盟が存在するわけでもなさそうです。高体連はあるのに、、、

大学スポーツ(ビジネス)界の最高峰であるアメリカNCAAでは、陸上、水泳、アメフト、アイスホッケーその他競技を全国レベルで戦う、いわゆる体育会の大学スポーツ組織を統轄し、各地のリーグ戦、全国大会を主催しています。というと、誰でも簡単に加われそうな競技団体に見えますが、まったくその逆です。NCAAに加盟しようとすると、各競技の各デヴィジョン毎に厳格に定められている、大学の規模、予算、アリーナ等の試合施設の規模などが満たされる必要があります。ちなみにデヴィジョン1のアメフトチームとして認可されるためには、最低収容人数3万人のスタジアムに、平均1万7千人以上の有料入場者を記録している必要があります、、、ひぇ~!

当然の事ながら、日本の多くの大学部活動のように、学生主体で行っているようなクラブスポーツが顧問の先生を置くくらいで認可されるわけはなく、有給のコーチ(人数等規定あり)が、決められたスカウトの手順を経て(メチャクチャ複雑な規則あり)リクルートしてきた学生のみがプレーできるという世界です。リクルートされるための資格もまた厳しく、プロ活動の前歴が一試合でもあればアウトですし、学業の成績も当然基準を満たす必要があります。

その代わり運良くデヴィジョン1最高ランクの奨学金でも貰った日には、学費は全額タダ(アメリカの大学の学費はとんでもなく高いです)、マイナープロよりもはるかに豪華な施設でプロコーチの指導を受け、何万人もの観衆を前に、ほとんどプロのような環境でプレーできる、だけでなく、一流大学で本分の勉学も修めることができます。アメリカで教えていると、子供たちはプロを目指す気満々でも、親は「プロは良いから、とにかくなんとかホッケーで大学に!」と願っていたりするんですが、それもそのはずですね。

というわけで、やっと本題に戻り、そんなNCAA所属大学チームのコーチ人事は誰がどのように行っているかというと、それは各大学の体育会を管轄するAthletic Directorに一任されています。Athletic Director(通称AD)は自分の大学の体育会の全スポーツチームのヘッドコーチを選任し、各チームでNCAA等の所属団体のルールと大学のポリシーに則った活動が行われているかどうかを把握し、管理する要職です。監督やチームに重大な不祥事があった場合はADの首も一緒に飛んでしまうことが良くあります。なにせデヴィジョン1全体の興行収入は年間$8.7 billionという巨大ビジネスですから、優秀な監督を集めて競技の価値を高めることは非常に重要なのです。自分で書いていていまいちどのくらいのお金か判らなかったので、Google先生に計算して貰うと、、、

8700000000 US Dollar equals
775953000000.00 Japanese Yen

8千億円かよー!!!中小国の国家予算ですねこりゃ。

そりゃ日本みたいにOB界の推薦とかでコーチを選んでる場合じゃありませんね。もちろんアメリカにも学閥は日本以上と言うほどに存在するので、OBつながりの人事も少なくありませんし、OBからの寄付でスタジアム建設とかも普通ですから「うちの大学もOB(alumniと言います)がうるせぇんだよ!」という話は聞いたことがありますが、OB界に人事権があるが、最終決定権は大学、なんて曖昧なことがまかり通り、しかもそれで揉めているレベルではありません。

とはいえ、学生スポーツでこれだけのビジネスになってしまっている国はどう考えてもアメリカだけであり、イギリスなどを除いたヨーロッパの国々では高校以降の競技スポーツ(特に集団球技系)の主体はプロクラブに移行しているのが普通であり、ユニバーシアードとかでは意外とショボい代表しか出てこなかったりします。

日本では各競技で未だに大学スポーツが非常に大きな選手供給源になっているにも関わらず、組織の統轄はまったくなされていません。また、アメリカのようにドラフトされたらさっさと休学してプロになり、残りの単位は引退後か夏期コースで取る、みたいな柔軟性もないため、今ひとつプロへの架け橋として機能していないようです。うーん、もったいない。でも競技の数掛ける大学の数存在するOB界のしがらみを断ち切って、今さら学生スポーツの統一管轄組織とか、まぁ大変ですね、、、念願のスポーツ庁ができたら是非その辺の改革も期待したいですね。

今までの組織論からは少し離れますが、色々言っても日本の大学スポーツの可能性はまだまだあります。クラブ制度が普及したサッカー界でも、流通経済大学のように次々と代表選手を輩出して存在感を高めている例もあります。女子ホッケーなんかは特にそうで、大学で一つか二つ受け皿になるようなチームを作ってもらって選手を集めて強化すれば、選手はホッケーと共に学業も修めることが出来て魅力的です。当然留学とか国際交流のノウハウもそれなりにあるから代表強化に必要な要素もすでに備えています。大学側からしても、日本の女子ホッケーのレベルからすれば短期間に大きな宣伝効果を得ることが出来て非常に良いと思うんですけどね、、、施設がある大学で、スタッフもすでにプロを雇っているようなところならかなり簡単にできちゃうはずだし。

あ、関西大学とか良いんじゃん!?

それでは。

明けましておめでとうございます!

日本の皆さん明けましておめでとうございます。ここ、イスタンブルではあと3時間弱で年が明けます。

2012年もHockey Lab Japanと若林弘紀を応援して頂きありがとうございました。

昨年はアメリカ、台湾、香港(2回)を飛び回り、さらにトルコに引っ越すという激動の年となりました。生活・仕事の環境が大きく変わり、困難な局面も多い一年でした。プロのホッケーコーチとして生きている以上、全ては自分の決断によるものであり、他のどの職業でもそうであるように、フリーランスの自由は常に不安定さと引き替えです。そして不安定な生活の中でも、ホッケーという共通言語のおかげで、世界中で素晴らしい人々に出会い、様々な文化の中で生きていくことが出来るのは、やはりプライスレスな体験です。激変する環境の中サポートし続けてくれている奥さんにも大感謝ですね。

ん、今ふと数えてみると、カナダで2シーズン、アメリカで1シーズン、いったん日本に戻ってからまたカナダで1シーズン、アメリカで5シーズンを過ごして今年がトルコですから、今期で海外10シーズンの区切りでした!

ということは、2013年はまさに新しい章の幕開け、、、と勝手に考えてOKです(笑)今年も間違いなくいろいろな苦難がある年になるでしょう。ホッケーコーチとしてこの先どうやって仕事をして生きていくか、いろいろな選択を迫られる年になるかも知れません。でも、今まで10年続けられたことですから、この先も10年くらいは必要とされるコーチでいることが可能なはずです。

さて、2013年、ボヘミアンホッケーコーチの旅は続きます。昨年しつこいほど考え続けた「競技構造」という概念は、ホッケーの枠を越えて汎用性を持たせて議論するために別ブログで近日中に公開予定です。明日はどっちか相変わらず判りませんが、ブログを読んでくださっている皆さんに興味を持って貰えるような話を書いていければいいなと思います。

今年もよろしくお願いします。

それでは。